40歳以上の20人に1人が緑内障
40歳を過ぎたら定期検診を

40代から要注意!まずチェック!!

40歳を過ぎたら定期検診を

緑内障は視神経が障害されて、視野が欠けていく病気です。一度視野が欠けると二度と元には戻らないため、手遅れになる前に治療を行い、進行を抑えることが大切です。

緑内障は進行してはじめて気づくことが多いため、40歳を過ぎたら定期的に眼科の検診を受けるようにしましょう。

緑内障は早期発見、早期治療が大切です。

緑内障かどうかを調べるには眼圧、眼底、視野検査などの検査が必要になります。

緑内障と診断されたら、一般的には点眼薬による治療が基本です。緑内障を早期に発見し、点眼薬による治療を続けていれば、多くの場合、失明に至ることはありません。

緑内障の治療中でも、生活の厳しい制限や注意事項はほとんどありません。点眼薬を使用し定期的に受診すること以外は、普段と変わらない生活を送ることができます。

40代から要注意!まずチェック!!
監修:新家眞先生(東京大学 名誉教授・公立学校共済組合 関東中央病院 病院長)
  • 40歳以上の20人に1人が緑内障
  • 眼科に行って何をするの?
  • 治療中の方へ
  • もっと知ろう緑内障

このページの先頭へ