40歳以上の20人に1人が緑内障
緑内障は視覚障害の原因の第1位

40代から要注意!まずチェック!!

40歳以上の日本人の20人に1人が緑内障

障害者手帳発行数から推定される、日本人における視覚障害の原因疾患の第1位は緑内障です1)。治療せずに放っておくと失明につながるおそれがあります。40歳以上の日本人の20人に1人が緑内障と推定されていますが、なんと9割の方がまだ気づいていないと考えられています2)

1) Morizane, Y. et al.:Jpn J Ophthalmol 63(1):26, 2019
2)Iwase, A. et al.:Ophthalmology 111(9):1641,2004

● 日本人の視覚障害の原因疾患1)

日本人の中途失明の原因疾患

見えないことに気づいた時には、もう進行している?

緑内障はじわじわと見えない部分が広がっていく病気です。片方の目に見えない部分があっても、両目で見ているともう片方の目でカバーしてしまうため、見えない部分がかなり広がるまで気づかないことが多い病気なのです。

● 両目で補い合う視野
両目で補い合う視野

緑内障は必ず失明するのですか?

緑内障を早期に発見し、治療をきちんと受けて眼圧をしっかり管理できれば、多くの場合、失明に至ることはありません。早期発見と治療を継続することが大切です。

緑内障は予防できますか?

緑内障を確実に予防できるような効果的な方法はありません。
40代から要注意!まずチェック!!
監修:新家眞先生(東京大学 名誉教授・公立学校共済組合 関東中央病院 病院長)
  • 40歳以上の20人に1人が緑内障
  • 眼科に行って何をするの?
  • 治療中の方へ
  • もっと知ろう緑内障

このページの先頭へ